2016参院選

序盤情勢・毎日新聞総合調査 改憲勢力、2/3うかがう 自民、単独過半数の勢い 態度未定4割

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院選 焦点の議席数
参院選 焦点の議席数

 毎日新聞は22、23両日、第24回参院選の特別世論調査を行い、取材情報を加味して序盤情勢を探った。憲法改正に前向きな自民、公明両党など4党が、非改選も含めて改憲発議に必要な3分の2(162議席)に達する78議席の獲得をうかがう。自民党の獲得議席は58以上になりそうで、非改選の65議席と合わせると27年ぶりの参院単独過半数となる勢いだ。公明党も議席上積みが見込まれ、安倍晋三首相が掲げる自公で改選過半数(61議席)の「勝敗ライン」に達するのは確実だ。民進党は伸び悩み、改選46議席が半減する可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1142文字)

あわせて読みたい