連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第87回都市対抗野球 32代表の横顔/9

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
力投する新日鉄住金かずさマジックの渡辺俊=さいたま市の県営大宮公園野球場で2016年6月5日、丸山博撮影
力投する新日鉄住金かずさマジックの渡辺俊=さいたま市の県営大宮公園野球場で2016年6月5日、丸山博撮影

玉井の成長期待

 ◆君津市・新日鉄住金かずさマジック(南関東第2代表)2年ぶり11回目

 第2代表決定戦ではJFE東日本と延長十三回、5時間半にも及ぶ熱戦を繰り広げ、サヨナラ勝ちで2年ぶりの出場権を得た。

 注目は16年ぶりに社会人に戻ってきた元ロッテのサブマリン、渡辺俊。JFE東日本戦では八回から登板し、90キロ台の変化球と110キロ台の直球で6回散発4安打で締めた。先発を務めるのは2年目右腕の玉井。エースとして成長が期待される。

 打線では今季から主将の田中健が、バットでもチームを引っ張る。2次予選の打率は6割1分5厘、5打点で首位打者に輝いた。気迫あふれる2年目の小林、勝負強い8年目の米田らも鍵を握る。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文682文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい