メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京外為

円高、一時99円台…2年7カ月ぶり

英国のEU離脱報道を受け、一時100円を割った対米ドルの円価格を表示する電光掲示板=東京都港区で2016年6月24日午後0時54分、内藤絵美撮影

 24日の東京外国為替市場は、英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票で離脱派が優勢との見方が強まり円が急騰、円相場は一時1ドル=99円00銭まで円高・ドル安が進み、2013年11月以来、約2年7カ月ぶりに1ドル=100円の大台を突破した。英国のEU離脱による欧州経済の先行きへの懸念から、投資家が英ポンドやユーロを売り、比較的安全な通貨とされる円を買う動きが急拡大した。

 英国での国民投票で離脱派が優勢との見方が伝わると、午前8時過ぎに円相場は1ドル=103円01銭まで…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです