特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

経済、論戦が過熱…クリントン氏とトランプ氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン清水憲司】11月の米大統領選に向け、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官と、共和党の実業家ドナルド・トランプ氏の経済政策をめぐる舌戦が本格化してきた。オバマ路線の継承か、大転換かが争点だが、景気の先行き懸念を背景に内向き志向も強めている。

 「国まで破綻させるわけにはいかない」。クリントン氏は21日、中西部オハイオ州での演説で、トランプ氏が過去にカジノなど保有企業を破綻させたことを引き合いに出して厳しく批判した。クリントン氏は「賃金の良い雇用の創出」を掲げ、中間層向けの減税などによる景気下支えを訴える。回復が続く米経済だが、賃金の伸びに弾みがつかず、有権者の不満は強い。賃金増や国内回帰を進めた企業には税負担を優遇する一方、富裕層は増税するなど、経験を生かしたきめ細かな政策で支持を集める。

 対するトランプ氏は「米国が第一(アメリカ・ファースト)」とアピール。「中国や日本などの為替操作が製造業の不振を招いている」と言明し、高率関税の導入を提言するなど主張は過激だ。米格付け会社ムーディーズは、トランプ氏の政策がすべて実施されると「貿易戦争に発展し、金融市場も金融危機時並みに動揺する」と分析。米経済は不況に陥り、2016〜20年の経済成長率の平均は、現状見通しの1.8%から0.6%に低下…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文1185文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集