メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症研究所

「BSL4施設」災害対応マニュアル

 国立感染症研究所は23日、エボラウイルスなど危険性が特に高い病原体を分析・研究できる国内初の「バイオセーフティーレベル(BSL)4施設」に昨年指定された村山庁舎(東京都武蔵村山市)での事故や災害に備えた対応マニュアルを作った。自治会や市、消防など地元関係者と研究所でつくる協議会が23日、了承した。7月から運用される。

 マニュアルは、地震や火災で施設に被害が出る事態を想定。職員らで構成する自衛消防隊が状況を確認し、異…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです