メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

盛岡市 旧石井県令邸 れんが積みに技あり /宮城

「旧石井県令邸」は本格的なれんが造りの外観となっている

 盛岡市清水町の住宅街で脇道に入ると、3階建てのれんが造りの洋館が目に入った。2階の一部までが、鮮やかな緑のつたで覆われている。1884〜86年に岩手県で、現在の知事にあたる「県令」を務めた石井省一郎が私邸として使った「旧石井県令邸」だ。

 84年、盛岡・河南地区の8割を焼失させた「河南大火」で石井も自宅を失い、86年ごろにこの洋館と隣に和館を建てたとされる。洋館は半地下階と1階、2階、屋根裏部屋があり、延べ床面積は622平方メートルにもなる。

 洋館のれんがは、盛岡監獄の移転建築用のれんがで、囚人の使役によって新築したといわれている。当時、れ…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1159文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです