メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 千葉市、取り消し申請へ 指定廃棄物、基準を下回り /千葉

 千葉市は24日、市内に保管する東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の放射性セシウム濃度が、一般廃棄物として処理できる1キロ当たり8000ベクレルを下回ったとする測定結果を発表した。市は来週にも環境省に指定取り消しを求める申請書を提出する。

 市は同市美浜区の新港清掃工場で、指定廃棄物のゼオライト3・5トンと焼却灰4・2トンを保管。測定の結果、ゼオライトが1キロ当たり6100ベクレル(2014年3月18日時…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 拳銃強奪事件 重傷の古瀬巡査が職場復帰 大阪・吹田

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです