連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第87回都市対抗野球 32代表の横顔/10

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

予選で打力開花

 ◆千葉市 JFE東日本(南関東第3代表) 2年ぶり22回目

 6連戦を戦い抜いて東京ドームへの切符をつかみ取った。

 本来は投手中心の守り勝つチームだが、2次予選では全試合で先制し、5試合で2桁安打をマーク。道方監督も「どこのチームだろうというくらいよく打った」と驚くほど。2年目の捕手・土屋は打率5割、打点7と絶好調。9年目の大沢、4年目の内藤の中軸を担う2人も頼もしい。チーム失策がわずか2だった堅守も見逃せない。

 投手陣の中心は、社会人12年目の横手投げ右腕・幸松だ。伸びのある直球と多彩な変化球が持ち味。7年目の左腕・中林は昨年チェンジアップを習得し、投球の幅が広がった。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文660文字)

あわせて読みたい