メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トラフグ

大阪湾に戻って来いよ

大阪生まれのトラフグの稚魚。トラフグは約3年で育った海に帰ってくるとされ、フグの消費量が日本一といわれる大阪で、地産地消の取り組みが進んでいる=大阪府岬町の府立環境農林水産総合研究所・水産技術センターで2016年6月22日、貝塚太一撮影

 フグの消費量が日本一といわれる大阪。冬のてっちりはなにわの風物詩だが、その大阪湾で大阪生まれの稚魚を放ち、トラフグの漁獲量を増やす取り組みが進んでいる。

 大阪府立環境農林水産総合研究所の水産技術センター(大阪府岬町)は今年5月に約1万8000匹、今月24日にも約1万匹を放った。どちらも今年初めてふ…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです