労災

うつ病などの精神疾患で申請1515人 過去最多

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
労災請求人数の推移
労災請求人数の推移

長時間労働やパワハラ原因 15年度の厚労省まとめ

 長時間労働やパワーハラスメントが原因でうつ病などの精神疾患を発症した労働災害の請求が1515人(前年度比59人増)と初めて1500人を超え、過去最多となったことが24日、厚生労働省が公表した2015年度の労災状況まとめで明らかになった。うち472人(同25人減)が労災認定された。脳・心疾患などの労災申請も、前年度から増加するなど高止まりしている。

 精神疾患の請求のうち、自殺(未遂を含む)が199人(同14人減)で、過去2番目に多い93人(同6人減)が認定された。請求が多い業種は「社会保険・社会福祉・介護」が157人(同17人増)、次いで「医療業」が96人。人手不足もあり、対人関係の業界でハラスメントや過重労働が深刻化していることをうかがわせる。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文832文字)

あわせて読みたい

ニュース特集