だじゃれ

記者がセミナーを体験

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 だじゃれで職場を元気に明るく−−。「オヤジギャグ」「寒い」など、とかく見下されがちなだじゃれ。そのだじゃれを活用しようと基礎から応用まで全国各地で指導するのが一般社団法人「日本だじゃれ活用協会」(川崎市)だ。目指すのはコミュニケーションの「スキル」の確立。節目の30回目となる同協会のワークショップ「ダジャーレdeござ〜る!」が開催されると聞き、その「現場」を体験してみた。【錦織祐一/デジタル報道センター】

 「『ふとんがふっとんだ』。みんな知っています。だじゃれは手軽にすぐ作れ、しかも子供が大好き。最近ではデイケアでも活用しています。いいだじゃれはいい効果がある。そのことをまじめに考えている協会です」

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文2127文字)

あわせて読みたい

ニュース特集