メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

だじゃれ

記者がセミナーを体験

 だじゃれで職場を元気に明るく−−。「オヤジギャグ」「寒い」など、とかく見下されがちなだじゃれ。そのだじゃれを活用しようと基礎から応用まで全国各地で指導するのが一般社団法人「日本だじゃれ活用協会」(川崎市)だ。目指すのはコミュニケーションの「スキル」の確立。節目の30回目となる同協会のワークショップ「ダジャーレdeござ〜る!」が開催されると聞き、その「現場」を体験してみた。【錦織祐一/デジタル報道センター】

 「『ふとんがふっとんだ』。みんな知っています。だじゃれは手軽にすぐ作れ、しかも子供が大好き。最近ではデイケアでも活用しています。いいだじゃれはいい効果がある。そのことをまじめに考えている協会です」

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文2127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです