メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「アーチェリー」と「弓道」の違い

移動しながら的を射る競技も! 日本の弓は長いのが特徴

[PR]

マキ「一発で射抜くし」
ケビン「射抜くって、誰かのハートをデスカ?」 マキ「そんなんじゃないし。『アーチェリー』の話だっつーの」 ケビン「おぉソウデシタカ。それは失礼……。マキさん、『アーチェリー』を始めるの?」 マキ「昔、『弓道』を少し習っていたし。『アーチェリー』余裕だし」 ケビン「へぇ。『弓道』も……」
マキ「とりあえず『アーチェリー』について勉強したいから、ケビン、解説お願い」 ケビン「了解デス!『アーチェリー』と『弓道』を合わせて解説シマスネ」
378回目のコトバ教室は「アーチェリー」と「弓道」について解説。 五輪では「アーチェリー」が行われます。 「アーチェリー」とは西洋で発達した弓矢を用いて的を射る競技。 道具や試合会場により種目が分かれていて、「ターゲットアーチェリー」と「フィールドアーチェリー」が主になります。 代表種目の「ターゲットアーチェリー」は屋外の平らなグラウンドで行われ、使う弓の形状により射距離が異なります。 五輪では射距離70メートルで、制限時間内に的に矢を射って点数を競います。
「ターゲットアーチェリー」は屋内で行われることもあり、この場合は「インドアアーチェリー」と呼びます。 「フィールドアーチェリー」は山など自然の中に的が設置され、移動しながらそれを射っていく競技。 「弓道」は日本で発達した武道です。 日本弓を用い、基準の長さは221センチ。 射距離によって「近的競技(28メートル)」「遠的競技(60メートル)」に分かれます。 「的中制(的への的中数で点数を付ける)」「採点制(審判が点数を付ける)」「得点制(点数を区分した的を用いて点数を付ける)」のいずれか、または組み合わせで競技を行います。 ケビン「『弓道』では矢を射る一連の動作を『射法八節』と言いマスネ。流れるような動き、美しいデス」
マキ「山の中! 楽しそう!」
マキ「『フィールドアーチェリー』、超面白そうなんですけど!」 ケビン「弓矢の本来の姿かもしれマセンネ。ぜひチャレンジしてみてクダサイ!ゴルフのようで楽しいデスヨ! ではまとめにいきマス!」
「アーチェリー」は西洋で発達した弓矢競技。 「弓道」は日本で発達した武道・スポーツ。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  3. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 新型肺炎、高齢者や持病ある人に高い致死率 対策難しい無症状の人からの感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです