メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

少子化進展の不思議=総合研究大学院大副学長・長谷川眞理子

=望月亮一撮影

競争社会化で多産脱却

 日本の少子化はどんどん進行し、多くの人々が危惧している。1人の女性が一生の間に産む子の数である合計特殊出生率は、2015年は1・46になった。一時よりは上昇したものの、低い値であることに変わりはない。しかし、世界中どこの国でもみんな、少子化は起こっているのである。

 生物は元々、生き残る子どもの数を増やそうとする性質を備えているとするならば、少子化は生物学的には不思議な現象だ。特に、持てる資源が増えて全体としては豊かになっているのに、持つ子どもの数が減るというのはおかしいのではないか?

 少子化がなぜ起こるのかは、進化生物学の世界でも長らく謎とされてきた。しかし、人間という生物は、「最…

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  3. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです