メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

興和・キャベジン キャベツ由来「健康」前面に

 製薬会社「興和」(名古屋市)が生産販売する胃腸薬「キャベジン」は1960年の発売から半世紀以上日本人の胃を整えてきた。

 開発のきっかけは、米国で40年にキャベツから発見された「メチルメチオニンスルホニウムクロリド(MMSC)」という胃潰瘍に効く成分。興和の研究員がこれにヒントを得て製品化に成功した。

 MMSCは吸湿性が高かったため、当時は珍しかった二重構造の錠剤にし、湿気の進入を防ぐなど工夫を凝らしたという。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです