メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

川本三郎・評 『清岡卓行の円形広場』=宇佐美斉・著

 (思潮社・2592円)

 ◆宇佐美斉(ひとし)著

罪障感ある詩人が夢見た「青」い空

 『アカシヤの大連』で芥川賞を受賞した清岡卓行(きよおかたかゆき)は詩人として出発した。小説を書くようになってからも、詩を大事にし続けた。肩書は必ず「詩人・作家」にした。

 本書は、詩人、作家の両面からとらえた清岡卓行論で、読みごたえがある。著者は、清岡卓行を敬愛したフランス文学者。詩と小説を丁寧に読みこみ、親しみをこめて論じている。散文の明晰(めいせき)さと詩の柔らかさが溶け合った文章がまさに清岡卓行の清冽(せいれつ)を思わせる。

 『アカシヤの大連』を書いたことで分かるように清岡卓行は大正十一年、中国の大連の生まれ。旧植民地の技…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです