メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『完訳 論語』=井波律子・訳

 (岩波書店・3024円)

今生きているような孔子

 御多分にもれず、私も『論語』というのはかび臭い修身の教科書のようなものだと思い込んで、敬遠してきた。孔子の説く忠孝といった徳は確かに立派なものかもしれないが、封建的で現代にはそぐわないのではないか? しかし、中国文学者、井波律子の『完訳 論語』を読んで、そういった孔子像が一変した。『論語』の注釈は古代中国から近代の日本まで、膨大に積み重ねられてきて、今ではその全体像を見渡すことさえ難しい。井波版『論語』は、後世の注釈と研究の厚い拘束衣にがんじがらめになってしまった孔子を解放する試みである。そして、孔子が賞味期限の切れた聖人ではなく、現代的な意味を持つ思想家として生き返ってくるさまは、感動的である。

 本書で『論語』全編にほどこされた訓読、清新な現代日本語訳、そして博識でありながらそれを振り回すこと…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです