メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『完訳 論語』=井波律子・訳

 (岩波書店・3024円)

今生きているような孔子

 御多分にもれず、私も『論語』というのはかび臭い修身の教科書のようなものだと思い込んで、敬遠してきた。孔子の説く忠孝といった徳は確かに立派なものかもしれないが、封建的で現代にはそぐわないのではないか? しかし、中国文学者、井波律子の『完訳 論語』を読んで、そういった孔子像が一変した。『論語』の注釈は古代中国から近代の日本まで、膨大に積み重ねられてきて、今ではその全体像を見渡すことさえ難しい。井波版『論語』は、後世の注釈と研究の厚い拘束衣にがんじがらめになってしまった孔子を解放する試みである。そして、孔子が賞味期限の切れた聖人ではなく、現代的な意味を持つ思想家として生き返ってくるさまは、感動的である。

 本書で『論語』全編にほどこされた訓読、清新な現代日本語訳、そして博識でありながらそれを振り回すことのない明快な解説を通して描き出される、思いがけず親しみやすい生身の人間の姿には、いくつもの際立った特徴がある。第一に、孔子は堅苦しい忍従の道徳を説く厳格主義者などではなく、権力者を恐れず諫(いさ)めることのできる批判的知識人だった。有名な「民(たみ) 信無(しんな)くんば立(た)たず」(「民衆は信頼…

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  5. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです