メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

岩間陽子・評 『高坂正堯と戦後日本』=五百旗頭真、中西寛・編

五百旗頭(いおきべ)真、中西寛・編

 (中央公論新社・2160円)

没後二〇年に思い返す柔らかな知性

 高坂正堯(こうさかまさたか)先生が亡くなって二〇年が経(た)つという。考えてみれば当たり前である。阪神淡路大震災の翌年であった。あの時、まだ乳飲み子だった長女が、成人式を迎えた。

 「先生と過ごした時間は今も私の脳裏に焼きついている。その濃密さに比べれば、その後の二〇年間は知的な意味では一瞬であったようにすら感じられる」という、中西寛氏のはしがきの言葉は、評者を含め高坂先生の教えを受けた者が等しく共有する思いだろう。

 「なんで高坂正堯の弟子は、みんな高坂ファンなんかなあ。僕なんか自分の師匠をちっともいいと思わんけど…

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです