メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚

海部宣男・評 『科学の発見』=スティーヴン・ワインバーグ著

 (文藝春秋・2106円)

「近代科学」の意義を断固主張する

 科学という人間の営みは、いまや巨大だ。技術的応用も含めて私たちの日常を覆い、良かれ悪(あ)しかれ人類の将来も規定する。だからこそ、科学の手法や科学の考え方とはどういうものか、それを人類はどうやって手にしたのかを理解したい。

 それを探る科学史の探究は数多いが、ここに明確な見通しと主張を持った一冊が加わった。

 本書は、アメリカのノーベル賞量子物理学者が、古代から一六〜一七世紀の科学革命までの道のりを、「近代…

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1499文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです