連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第87回都市対抗野球 32代表の横顔/11

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
エースに成長したJR東日本の田嶋=後藤由耶撮影
エースに成長したJR東日本の田嶋=後藤由耶撮影

2年目田嶋成長

 ◆東京都・JR東日本(東京第1代表)7年連続19回目

 5年ぶりの第1代表の座は、高い守備力と堀井監督の巧みな采配でつかんだものだ。

 高卒2年目左腕・田嶋がエースに成長した。150キロ近い速球とスライダーを武器に2次予選全3試合で登板。鷺宮製作所との代表決定戦は九回途中から打者1人ごとに進藤、片山、板東をつぎ込む、執念の継投を見せた。野手陣も無失策の堅守で支えた。

 チーム打率は1割8分だが、勝負強い。特に2年目の長谷川が際立った。サヨナラ勝ちした1回戦の九回にチーム初安打となる二塁打を放ち、代表決定戦は同点打。ともに代打で結果を残した。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文666文字)

あわせて読みたい