航空機トラブル

元CA漫画家が解説する「緊急脱出」とは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「CREWでございます!特別編 緊急脱出でございます」の1コマ=(C)御前モカ(チャンピオンクロス)
「CREWでございます!特別編 緊急脱出でございます」の1コマ=(C)御前モカ(チャンピオンクロス)

 羽田空港(東京都大田区)で大韓航空機のエンジンから出火して乗客が脱出するトラブルから27日で1カ月。元客室乗務員(CA)という異色の経歴を持つ漫画家、御前モカさんが「CREWでございます!特別編 緊急脱出でございます」を描いた。各航空会社の安全に関するビデオなどをもとに緊急脱出をわかりやすく解説し、16日に発売された単行本にも収録した。「トラブルの際は乗客の協力なくして安全確保できない。乗務員たちを信用して、落ち着いて指示に従ってほしい」と訴えている。

 御前さんは国際線CAとして乗務した後、「自分の心の中にあるものを表現したい」と漫画家に転身。現在は「CAの世界を多くの人に知ってもらいたい」と女性向けの月刊漫画雑誌「プリンセスGOLD」(秋田書店)とウェブの「チャンピオンクロス」(同)で、中堅CAから見た航空会社のスタッフの姿を、コミカルでユーモアたっぷりに描いた「CREWでございます!」を連載している。

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1367文字)

あわせて読みたい

注目の特集