メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

浸水想定区域に仮設 嘉島町など229戸

緑川(左)と加勢川(右)に挟まれる場所に建つ仮設住宅(中央下)=熊本県嘉島町で2016年6月13日午後3時34分、本社ヘリから山下恭二撮影

 熊本地震の仮設住宅で、熊本県が建設に着手した嘉島町など3市町の計229戸が、国が洪水時の浸水を想定する区域にあることが毎日新聞の取材で分かった。国の指針は災害想定区域への仮設建設を避けるよう求めているが、3市町は「想定区域が広く、建設適地の確保が困難」などとする。しかし地震で河川の堤防の強度が劣化していることに加えて、同県で6人が死亡した20〜21日の大雨などで堤防の一部が損傷。識者からは安全確保の徹底を求める声が出ている。

 仮設住宅は市町村が場所を選んで都道府県が建設する。国は2011年に示した指針で、水害や土砂災害など…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1277文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです