メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米ビジネス賞

蛍光灯の光を「再利用」、「発電ランプ」に 姫路の会社が開発 省エネのアイデア、技術を評価 /兵庫

スティービー賞の「アジア・パシフィック賞」のトロフィーを手にする日本エナジー研究所の堀田繁美社長(左)と廣澤勝常務=兵庫県姫路市の姫路商工会議所で、藤田宰司撮影

 省エネ機器を製造販売する「日本エナジー研究所」(姫路市豊富町)が、ビジネス上の優れた業績をたたえる米国のスティービー賞の「アジア・パシフィック賞」を受賞した。

 スティービー賞は、米企業などでつくる団体によるビジネス部門の表彰制度。アメリカン・ビジネス賞、国際賞、女性賞、人事賞など7部門があり、優れた製品や革新的な企業活動などをたたえる。アジア太平洋地域を対象とするアジア・パシフィック賞は今年、600件以上の応募があった。

 今回の受賞は、室内照明の光で発電し、夜間は防犯灯、停電や災害時には非常灯として使う新製品「エコ・フ…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文608文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです