メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米ビジネス賞

蛍光灯の光を「再利用」、「発電ランプ」に 姫路の会社が開発 省エネのアイデア、技術を評価 /兵庫

スティービー賞の「アジア・パシフィック賞」のトロフィーを手にする日本エナジー研究所の堀田繁美社長(左)と廣澤勝常務=兵庫県姫路市の姫路商工会議所で、藤田宰司撮影

 省エネ機器を製造販売する「日本エナジー研究所」(姫路市豊富町)が、ビジネス上の優れた業績をたたえる米国のスティービー賞の「アジア・パシフィック賞」を受賞した。

 スティービー賞は、米企業などでつくる団体によるビジネス部門の表彰制度。アメリカン・ビジネス賞、国際賞、女性賞、人事賞など7部門があり、優れた製品や革新的な企業活動などをたたえる。アジア太平洋地域を対象とするアジア・パシフィック賞は今年、600件以上の応募があった。

 今回の受賞は、室内照明の光で発電し、夜間は防犯灯、停電や災害時には非常灯として使う新製品「エコ・フ…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文608文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. エフエム東京が「粉飾決算」発表 3年間で11億円の営業損失か

  3. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです