メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

糸田・田川地区で6年ぶりプロ公式戦 地元出身選手も観客沸かす /福岡

>地元のファンを沸かせた小野選手(右)

 「チャンピオンズロード」と題したプロボクシングのチャリティー大会が26日、糸田町の町民体育館であった。田川地区でのプロボクシング公式戦は2010年に田川市で開かれて以来6年ぶり。この日がデビュー戦の松岡瑞稀選手(20)や日本ライトフライ級8位の小野晃輝選手(25)ら地元出身者も登場し観客を沸かせた。

 田川市の筑豊ボクシングジム(井上通文会長)が主催。「平成のKOキング」と呼ばれた同市出身の元プロボクサー、坂本博之さん(44)のサイン会もあり、熊本地震の被災地や養護施設の子供たちを支援する募金箱が置かれた。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです