メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

就活編 予想通りの短期決戦に

3月に開かれた合同説明会で熱心に説明を聞く学生たち。来春大卒予定者の採用市場は短期決戦で進んだ=千葉市美浜区の幕張メッセで

 来春大卒予定者の採用市場は、6月初旬が大手企業の内定を出すピークとなり「第1ラウンド」を終えた。インターンシップやリクルーターの活用など事実上の採用活動が前倒しで進み、予想通り「短期決戦」となったようだ。

 ●指針は有名無実化

 「予想以上に就活漬けの日々だった」。早稲田大4年の男子学生は6月初旬、第1志望の大手ITベンダーの内定を得て就職活動を終えた。昨夏からインターンシップに参加するなど早くから就活に取り組み、4月にはコンサルティング会社など2社から内定を得るなど順調に進めた。「効率的な就活ができた」とみるが「セミナーや面談などスケジュールがどんどん埋まり、一気に駆け抜けた感じ」と振り返る。

 来春大卒予定者の採用は当初から「短期決戦」とみられていた。経団連の指針変更で、企業説明会など広報活動の開始は3月と今春卒採用と同じだが、選考開始は6月へ2カ月早まった。採用意欲が旺盛なところへ広報期間が短期化し、選考や内定出しが前倒しで進むと予想された。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. ガチャピン、ムックが「目指せ消防士」 東京消防庁が動画作成、防災を啓発

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです