メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

蛇笏と迢空の全て=酒井佐忠

 蛇笏賞・迢空賞が第50回を迎えた今年、画期的な文庫版の『飯田蛇笏全句集』(角川ソフィア文庫)と『釈迢空全歌集』(同・岡野弘彦編)が同時に刊行された。文庫とはいえ、いずれも700ページ前後の重厚な2冊。繁忙の現在に忘れられがちな蛇笏と迢空が近現代の日本の詩歌に残した渾身(こんしん)の作品群と作家像に触れることができるのは、貴重なことだと思う。

 飯田蛇笏は、自然の景を眼前に徹底して思索を深めた。<芋の露連山影を正(ただし)うす><くろがねの秋…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文592文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです