連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第87回都市対抗野球 32代表の横顔/12

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2次予選で3試合に先発したNTT東日本の新人・渡辺=小川昌宏撮影
2次予選で3試合に先発したNTT東日本の新人・渡辺=小川昌宏撮影

渡辺、直球に切れ

 ◆東京都・NTT東日本(東京第2代表)2年ぶり40回目

 第2代表決定戦は準決勝で敗れた鷺宮製作所に雪辱した。代表に返り咲いた今年は、投打にまとまる。

 継投が基本だ。2次予選3試合に先発した神奈川工科大出の新人右腕・渡辺は直球の切れで勝負する。軸はチーム最多4試合に登板した9年目の大竹。敗者復活2回戦は七回途中から救援し、延長十二回サヨナラ勝ち。さらに代表決定戦で好投した末永や左腕の森山、加美山ら、枚数はそろっている。

 打線は3年目の2番・高野がサヨナラ打を放つなど、矢島とともにチームトップの5打点を挙げた。主将の越前が不動の4番に座り、13年目のベテラン北道が続く。下位の上田、目黒がともに打率3割超と切れ目はない。【武藤佳正】

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文663文字)

あわせて読みたい