メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NYゲイ・プライド・パレード

史上最多200万人が参加

 【ニューヨーク國枝すみれ】米ニューヨーク中心部マンハッタンで26日、性的少数者(LGBTなど)であることを祝う恒例のゲイ・プライド・パレードが行われた。地元メディアによると、今月12日に南部フロリダ州オーランドの同性愛者が集うクラブで起きた銃乱射テロ事件を受け、参加者数は、史上最多の約200万人に達したという。

 同性愛者のシンボルカラーであるレインボー旗や銃乱射テロ事件の犠牲者49人の顔写真を手にした市民らが、「ウイ・アー・オーランド」と叫びながら、5番街を歩いた。米大統領選で民主党候補の指名が確実となっているクリントン前国務長官もデブラシオ市長らと一緒に参加した。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです