サル被害

ICTで大量捕獲 全国有数の被害県の取り組み

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
野生のニホンザル(資料写真)
野生のニホンザル(資料写真)

 シカやイノシシと共に農作物に深刻な被害を与えるニホンザル。二つの群れが生息する三重県名張市では今年、初の大量捕獲が実施され、県内屈指の頭数がすむ伊賀市では、県が2014年度から最新の情報通信技術(ICT)を用いた大量捕獲を行っている。両市の例を基に、全国有数のサル被害県・三重の取り組みを調べた。【竹内之浩】

この記事は有料記事です。

残り1818文字(全文1973文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集