メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西電力

株主総会 加速する再稼働に待った 福島事故で金沢に避難、75歳が「脱原発」議案

福島原発事故で金沢市に自主避難している関電株主の浅田正文さん=神戸市中央区で2016年6月28日午前9時58分、大西岳彦撮影

 沖縄電力を除く電力9社の株主総会が一斉に開かれた28日。神戸市中央区で開催された関西電力の株主総会には、東京電力福島第1原発事故で福島県田村市から金沢市に自主避難している浅田正文さん(75)が株主となって初めて出席し、脱原発などを求める議案の説明に立った。原発再稼働を目指す関電の経営陣に「廃炉で一歩先んじる電力会社になろう」と呼びかけた。

 大手食品会社のコンピューター技術者を務めていた。阪神大震災が起きた1995年、「人生の後半は田舎で…

この記事は有料記事です。

残り1437文字(全文1659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 秋元衆院議員、元秘書周辺を捜索 任意で事情聴く 東京地検

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです