メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・ひろしま

大和ミュージアム学芸員・道岡尚生さん(56)=呉市 戦艦「大和」の現在の姿伝える /広島

大和ミュージアム学芸員の道岡尚生さん=山田尚弘撮影

 太平洋戦争末期に鹿児島県枕崎市沖に沈んだ旧日本海軍の戦艦「大和」の現状を調べようと、呉市が5月10〜27日、初の潜水調査を実施した。この調査に大和ミュージアム学芸員としてただ一人、同行を許された。「いかに巨大だったか。そして、3000人ともいわれる乗組員の命が瞬時に奪われた重い事実に向き合った日々だった」

 1982年に倉橋町(現呉市)の職員に採用された後、「町の歴史を伝える仕事がしたい」と学芸員資格を取得。町史編さんや歴史民俗資料館の展示企画に携わった。2005年、呉市入船山記念館の学芸員となり、08年から大和ミュージアムの学芸員を務める。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  5. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです