メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

英離脱 3国首脳苦悩 フランス、ドイツ、イタリア

 欧州各国にとって英国の欧州連合(EU)離脱への対応は自国の内政とも絡む難問だ。27日に首脳会談を行うフランス、ドイツ、イタリアとEUの思惑をまとめた。

 ◆フランス

オランド氏、大統領選へ危機感

 英国のEU離脱決定を受け、フランスのオランド大統領は速やかに離脱すべきだと主張する。エロー外相も「新首相任命は喫緊の課題だ」と述べ、影響を最小限にとどめるよう英国に迅速な対応を求める。来年4〜5月に行われる大統領選で、極右政党が躍進することを恐れるからだ。

 歴代最低と言われる15%前後の支持率に悩むオランド氏は、次期大統領選で極右政党「国民戦線」のルペン…

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです