メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

安く快適に夏乗り切る

 暑い夏はエアコンを使って快適に過ごしたい。電気代を抑えつつ快適に過ごすにはどうしたらよいか。節約アドバイザーの和田由貴さんに夏の節電術を聞いた。

 資源エネルギー庁の推計によると、夏の昼間(午後2時ごろ)の在宅家庭の電力消費の内訳は、エアコン58%、冷蔵庫17%、照明6%、テレビ5%、待機電力3%、温水便座0・6%、パソコン0・4%、その他10%。エアコンが占める割合が高い。家にいない世帯でも冷蔵庫や待機電力で電気が使われている。

 消費電力が最も多いエアコンは、設定温度を控えめにするのが基本だ。政府の「節電アクション」は室温28…

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1533文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです