連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第87回都市対抗野球 32代表の横顔/13

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
代表決定戦で完封した東京ガスのエース山岡=猪飼健史撮影
代表決定戦で完封した東京ガスのエース山岡=猪飼健史撮影

エース山岡健在

 ◆東京都・東京ガス(東京第3代表)4年連続19回目

 投手力は計算できる。チームを東京ドームに導いたのが高卒3年目のエース山岡だ。鷺宮製作所との第3代表決定戦は八回まで毎回の9安打を許しながらスライダー主体の投球で完封した。

 3年目の左腕・宮谷は成長著しい。変化球を駆使して打者のタイミングを巧みに外す。関大出の石田は関西学生リーグで通算30勝を挙げた、期待の新人右腕だ。2次予選3試合に救援し無失点。堂々としたマウンドさばきが目を引いた。

 一方の打線は代表決定戦で4番・黒田が先制打を放ち、主将の山内がソロ本塁打と中心選手が活躍した。ただし、企業チーム相手の4試合の得点はいずれも2点以下。本大会では打線の奮起が待たれる。【武藤佳正】

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文659文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい