メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

核の傷痕 続・医師の診た記録/24 被ばく労働者の「傷痕」=広岩近広

 原発はメルトダウン(炉心溶融)をきたす大事故に至ると、私たち人間の手に負いかねる。チェルノブイリや福島が例示している。問題はそれだけにとどまらず、稼働を続けるうえで労働者の被ばくが避けられない。

 約40年にわたり「被ばく労働者」を診てきた阪南中央病院(大阪府松原市)副院長の村田三郎医師は、原発についてこう言い表した。「巨大な科学技術の陰に原始的な被ばく労働者がいる、それが原発なのです。残念ながら、作業員の健康被害は避けられません」

 村田さんが原発作業員の放射線障害を初めて診たのは1973年夏のことである。大阪大学医学部を卒業して…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷被告、起訴内容認める考え 法廷に立つことは「気まずい」

  2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  3. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです