メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異教の隣人

ムスリムと衣服編 なぜ覆う?女性のファッション 神様が守ってくれる安心感

「ふく紗」のヒジャブなどを試着し、写真を撮るムスリム女性=川平愛撮影

 頭を覆うヒジャブをつけ、ゆったりとした長衣をまとうムスリム(イスラム教徒)の女性。「ヒジャブは女性抑圧の象徴」と捉えられがちだが、ムスリムにとっては生活に根付いたファッションでもある。彼女たちは普段、どんなふうにおしゃれを楽しんでいるのか。関西で暮らすムスリム女性6人に、ファッションについて語り合ってもらった。【清水有香】

 「この桜の柄、かわいい〜」「和風テイストが新しい!」。着物をリメークした長衣やヒジャブを前に歓声があがる。どれも和素材によるムスリム向け衣服を手がける「ふく紗」(松山市)の試作品。多様なデザインとシルク素材が売りだ。「1000着作れば1000通りの柄ができる。オンリーワンのムスリム服です」。伊東信二社長の説明に、みな熱心に耳を傾けている。

この記事は有料記事です。

残り1388文字(全文1722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです