メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

学生も企業も悩むインターン 視野を広げるきっかけに

参加学生、年々増加

 以前、カップめんのCMで就活をネタにしたものがありました。その中で、吹雪に苦労する(就職氷河期だから、ということでしょう)学生たちの先には、晴れ間を悠々と歩く学生がいます。

「なんだ、あの余裕は?」

「あいつら、インターン組だ」

 その言い方は、どこか悔しそうだったことを今でも覚えています。CMにも登場するほど、正式にはインターンシップ、通称は「インターン」と略されるイベントは、すっかり就活で定着しました。

 このインターン、本来は「就業体験」であり、かつ、数週間ないし1カ月以上の長期のものを指します。日本…

この記事は有料記事です。

残り1842文字(全文2104文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです