メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

候補、週内にも擁立 自民党都連確認

 自民党都連は27日、舛添要一氏の辞職に伴う東京都知事選(7月14日告示、同31日投開票)に関する会合を党本部で開き、自民党としての独自候補を週内にも擁立する方針を確認した。具体的な候補者は固まっていないが、都連内には桜井俊前総務事務次官や村木厚子前厚生労働事務次官、小池百合子元防衛相らを推す声がある。

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  3. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです