大阪刑務所支所

受刑者にもエアコン 昨年1人死亡受け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新しく共同室にエアコンが設置された大阪刑務所丸の内拘置支所=高橋祐貴撮影
新しく共同室にエアコンが設置された大阪刑務所丸の内拘置支所=高橋祐貴撮影

 大阪刑務所丸の内拘置支所(和歌山市広瀬中ノ丁2)を所管する大阪刑務所は、夏の猛暑対策として、同支所の収容者約4人が入る共同室用にエアコン3台を取り付けた。同支所では昨年7月31日〜8月1日、収容者3人が熱中症とみられる症状で搬送され、1人が死亡しており、熱中症対策が急務となっていた。

 丸の内拘置支所にはこれまで冷暖房施設がなく、室外に扇風機を置き、収容者にはうちわを貸与していた。しかし、収容者は行動が制限されているため、熱中症が発生しやすい環境にあるとされていた。

 大阪刑務所によると、丸の内拘置支所の共同室のうち3室にエアコンを設置。暑さで体調を崩しそうな他の収容者を、エアコン付きの共同室に移す。また、直接冷気を体に当てる持ち運び可能な「スポットクーラー」も導入。高齢者ら体調不良を訴えた収容者に使用する。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文597文字)

あわせて読みたい

注目の特集