メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念
大阪刑務所支所

受刑者にもエアコン 昨年1人死亡受け

新しく共同室にエアコンが設置された大阪刑務所丸の内拘置支所=高橋祐貴撮影

 大阪刑務所丸の内拘置支所(和歌山市広瀬中ノ丁2)を所管する大阪刑務所は、夏の猛暑対策として、同支所の収容者約4人が入る共同室用にエアコン3台を取り付けた。同支所では昨年7月31日〜8月1日、収容者3人が熱中症とみられる症状で搬送され、1人が死亡しており、熱中症対策が急務となっていた。

 丸の内拘置支所にはこれまで冷暖房施設がなく、室外に扇風機を置き、収容者にはうちわを貸与していた。しかし、収容者は行動が制限されているため、熱中症が発生しやすい環境にあるとされていた。

 大阪刑務所によると、丸の内拘置支所の共同室のうち3室にエアコンを設置。暑さで体調を崩しそうな他の収容者を、エアコン付きの共同室に移す。また、直接冷気を体に当てる持ち運び可能な「スポットクーラー」も導入。高齢者ら体調不良を訴えた収容者に使用する。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです