視神経細胞

iPSとESから作製、マウスで初成功

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)とES細胞(胚性幹細胞)から視神経細胞を作製することに世界で初めて成功したと、国立成育医療研究センター(東京都)と埼玉医科大の研究チームが27日、発表した。失明の恐れがある緑内障など視神経の病気で、視覚を回復させる治療法開発につながるという。

 チームは、マウスの皮膚細胞から作ったiPS細胞を特殊な液で培養し、視覚情報を電気信号として伝えるための数センチの「神経線維」を持つ視神経細胞に変化させた。実際に電気を通…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集