メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

数学ブーム、なぜ続く 囲碁、将棋に匹敵する知的遊び IT、金融企業に需要

「ロマンティック数学ナイト」で数式を解きながら交流する参加者=東京都港区で4月28日(「和から」提供)

 サイン、コサイン、タンジェント−−三角関数を思い出すだけで嫌な思い出がよみがえるのだが、世の中では数学を学び直す大人が増えている。大手書店では大人向けの数学本が平積みされ、「ブーム」と言われてから7年がたつが、勢いは衰えない。なぜなのか。その“証明”に取り組んでみた。【沢田石洋史】

「大人のための教室」盛況 考える力身につく

 東京・渋谷に建つビルの一室。夜になると、仕事帰りのビジネスマンらが次々と訪れ、カーテンなどで間仕切りされた個室へと入っていく。講師がホワイトボードに数式を書き込むと、受講者は熱心にメモを取り、質問を浴びせる。この「大人のための数学教室 和(なごみ)」は、1対1の個別指導が特徴だ。料金は1回50分で7000〜9500円。学校や予備校などの授業に飽き足らない小・中・高校生も学びに訪れる。

 数学教室を展開するのは「和(わ)から」(渋谷区)。堀口智之社長(31)によると、2010年の創業当…

この記事は有料記事です。

残り2264文字(全文2671文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです