メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 江戸時代の人々が共有していた価値観は「始末」だった。始めと終わりをきちんとして倹約する意味だ。前東京都知事は会見で「トップが二流のビジネスホテルに泊まりますか?」と記者に問うている。日本の為政者がこういう意識になったのか、と少々驚いた。

 日本の企業の代表取締役は、欧米のような高額の給与をもらわない。それには二つの理由があると思われる。ひとつは、代表とは代表者(役員)たちのチームによって仕事をする者であり、一人で指揮をとっているわけではなく、組織内の多様な意見やアイデアを受け止めて最終決定をするのが仕事である。そのプロセスへの自覚があるからだ。もうひとつは、組織の金は自分の金ではなく預かっているのであり、その…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです