メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅籠

旧垂井宿の宿泊施設、奮闘中 経営難に高齢化、老朽化… それでも「一日でも長くのれん守る」 岐阜・垂井

江戸時代から営業する旅籠「亀丸屋旅館」の前に立つ西村操子さん=岐阜県垂井町で

 東海道や中山道などの宿場町に設けられた宿泊施設「旅籠(はたご)」。江戸時代の建物のまま営業している旅館もあるが、ここ数年、経営者の高齢化による廃業が続出。「先祖伝来の『のれん』を守りたい」という主人たちの頑張りに支えられた数軒が、今も中山道沿いに残る。

 中山道の垂井宿(岐阜県垂井町)にある「亀丸屋旅館」。1777年の建物で、客間には刀掛けが置かれ、廊下は敵の侵入を伝える「うぐいす張り」。火縄銃を突き出す「鉄砲窓」も残る。かつては行商人らでにぎわったが、今年の宿泊客はまだ7人。「旅籠一本では食べていけない」。8代目主人の西村操子さん(82)は、全国的には有名とはいえない旧宿場町で営業を続ける難しさを漏らす。

 1人で切り盛りしていたが、足腰が衰えたため、2年ほど前から食事の提供をやめ、素泊まりに切り替えた。…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです