メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浴衣帯

桜と観覧車のデザイン、考案の慶応大生に贈呈 坂井市 /福井

今回デザインされた浴衣帯を前に談笑する青木七帆さん(左端)と堀尾大地さん(中央)=福井県坂井市役所で、立野将弘撮影

 国産浴衣帯のシェア約9割を占める坂井市が、浴衣帯産業をPRしようと、慶応大(東京都)の学生が考案したコンセプトを基にデザインした帯7作品を製作した。学生を代表して、法学部4年の堀尾大地さん(21)と商学部4年の青木七帆さん(21)が28日、市役所を訪問し、坂本憲男市長から帯を受け取った。

 昨年12月、慶応大で市職員が自治体のP…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文394文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです