メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

認知症受診 頼れる先知ろう

 認知症とみられる人に医療機関への受診を勧めても、「必要ない」と拒否されてしまうことがある。早期の受診や診断は、その後の暮らしを整えていくためにも重要だ。受診につなげるために家族や周囲の人たちに何ができるのかを探った。

 ●初診に平均9.5カ月

 「うるさい!」

 横浜市の女性(37)は最近、隣の市に住む70代の母親が誰もいない方に向かって怒鳴ったり、同じ事を何度も言ったりするようになって心配している。幻聴やもの忘れ、自分がどこに居るのか分からなくなるなど認知症とみられる症状があるのに、母親は「私は認知症じゃない」と受診しようとしない。

 「認知症の人と家族の会」の調査(2013年、465家族が回答)では、頻繁なもの忘れなどの変化に気づ…

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです