メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市

ヘイト許さへん 個人・団体名公表 来月完全施行

駅の掲示板に貼られた啓発ポスター=大阪市中央区で、岡崎大輔撮影

 特定の人種や民族への差別的言動を街頭などで繰り返すヘイトスピーチの抑止を目的とした全国初の条例が、大阪市で7月1日に完全施行される。市はヘイトスピーチに該当するか調査する審査会の初会合を25日に開く予定だ。1日時点でインターネット上に残る書き込みなどについては、在日コリアンらの団体が直ちに被害を申し立てる準備を進めており、条例の実効性が注目される。

 今月施行された国の対策法に罰則はないが、大阪市条例はヘイトスピーチをした団体や個人名の公表を盛り込…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです