大雨

梅雨前線、九州に停滞の見込み 警戒呼びかけ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
土砂崩れに巻き込まれた住宅(右)。1人が意識不明になった=鹿児島県姶良市蒲生町北で2016年6月28日午後4時46分、田中韻撮影
土砂崩れに巻き込まれた住宅(右)。1人が意識不明になった=鹿児島県姶良市蒲生町北で2016年6月28日午後4時46分、田中韻撮影

土砂崩れで鹿児島で1人重体 長崎市でも1人重傷

 梅雨前線の影響で九州地方は28日、大気の状態が不安定になり、局地的に大雨が降って、鹿児島県姶良(あいら)市で土砂崩れにより1人が意識不明の重体、長崎市でも1人が重傷を負った。梅雨前線は30日にかけて九州地方に停滞する見込みで、気象庁が土砂災害などに警戒を呼びかけている。

 姶良市蒲生(かもう)町北では、午後2時ごろ土砂崩れが発生し、住宅が全壊した。鹿児島県警によると、50代の姉妹が住宅におり、姉は自力で脱出したが、妹(52)が生き埋めになり、約1時間後に救出されたが、意識不明の重体。さらに、長崎県警によると長崎市御船蔵(おふなぐら)町で午後7時前がけ崩れが起き、民家1棟が全壊。住民の70代男性が一時生き埋めになり、約1時間後に救出されたが、首の骨などを折る重傷を負…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文741文字)

あわせて読みたい

ニュース特集