抗がん剤医療事故

6年3カ月間で228件 死亡例20件

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国内で起きた医療事故情報を収集する公益財団法人・日本医療機能評価機構(東京都)は28日、抗がん剤に関する事故が6年3カ月間で228件に上ったとの調査結果を公表した。平均すると1カ月に3件程度になる。患者の死亡例は20件、障害の残る可能性の高い例は26件で、全体の2割が重大な事故だった。抗がん剤はがんの有効な治療法だが、使い方を誤った時のリスクは高く、同…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集