リオ五輪

8月6日開会式「黙とうを」呼びかけ 広島原爆

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

広島原爆の日に平和記念式典、同時刻にブラジルで開会式

 広島原爆の日の8月6日に営まれる平和記念式典と同時刻にブラジルで開催されるリオデジャネイロ五輪の開会式で、世界平和を願って黙とうする時間を設けようと、現地在住の被爆者らが世界に呼びかける運動を始めた。英語や日本語、ポルトガル語など5カ国語でフェイスブックやツイッターにアピール文を掲載し、賛同する個人や団体を増やしている。

 広島市では原爆投下時刻の午前8時15分に参列者全員で1分間黙とうする。時差12時間のリオは、6日午前6〜11時(日本時間)に予定する五輪開会式の真っ最中だ。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文876文字)

あわせて読みたい

注目の特集