メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

がんを笑おう 2度手術の山田邦子さん「やりたいことが見えてきた」

 「2人に1人が一生のうち一度はがんになる」と言われるように、がんはもはや特別な病気ではない。医療の進歩でがんと診断された10人のうち約6人が10年後も生きられるが、「がん=死」というイメージは今も根強い。がんと共存していける時代に「死の病」と恐れるばかりでいいのだろうか。【庄司哲也】

4年間治療続ける23歳「いい子をやめた。今を楽しむ」

 「私はがんになって、いい子をやめました。いっぱい笑って、いっぱい泣いて、いっぱい楽しもうと思います」。5月中旬から放映されている米保険会社のテレビCMで、こんなメッセージを伝えているのは大阪府在住の山下弘子さん(23)だ。22日夜、家族とトルコ旅行から帰国したばかりの山下さんと成田空港で会った。

 山下さんは大学1年だった19歳の夏に肝臓がんと診断された。手術でがんを切除したが、その後、肺への転…

この記事は有料記事です。

残り2431文字(全文2799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです