メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
しあわせのトンボ

新緑−子どもの感想=近藤勝重

 前にこのコラムで井上ひさし氏が文章の本で「落ち葉を見てどう思いますか」というのは、大人でも無理な注文で、子どもには「落ち葉はどう落ちていくんですか」ということを書かせるべきだとおっしゃっていた旨、紹介した。「どう思うか」の感想ではなく、「どう見えているか」の観察文を、というわけだ。

 そこでぼくは、無理強いすることなく、自然な流れで観察が感想へとつながらないだろうか。とくに物事の比較対照に重きを置く指導法だと期待が持てるかもしれないと、毎日小学生新聞主催の「親子で学ぶ作文教室」で実践してみた。

 「新緑」という400字の作文を宿題に出し、例えば秋から冬にかけての落ち葉と比べたり、人間で例えれば…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文874文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです